GARMIN vivoactiveJのゴルフGPSを使ってみた。

さて、これまでGARMIN vivoactiveJ(ヴィヴォアクティブ)について書いてきた内容だけでも十分に満足していることを感じて頂けていると思いますが、今回、ランニングウォッチをこのヴィヴォアクティブにした大きな要因の一つゴルフGPS機能がデフォルトの機能として付いているという点です。

そろそろゴルフを始めて5年ほどになりますが、仕事や育児等の関係で年間多くても15ラウンド程度のド初心者ゴルファーです(ちなみに今シーズンのベストスコアは46・54)そんな僕が友人のゴルフ用GPSウォッチを見て羨ましく思ってしまったのです。腕に付いたそのGPSはシンプルで、そしてスイングの邪魔になることなく、常に自分のボールの距離をリアルタイムで表示し、時には一緒にラウンドしている仲間の残り距離もさりげなく教えることができるその姿にカッコ良さを感じたのです。

だからと言って僕のゴルフレベル程度では他人に指示するような事は無縁なのであくまでも自分用の距離確認に使うこととなります。

何度かスマートフォンのゴルフGPSアプリを使ったことがありますが、スマートフォンの場合まず持ち歩かなくてはいけないということ、これは以前書いたランニングの時と同様に運動する上で非常に邪魔な存在になります。そしてゴルフGPSとして使用した場合、ラウンド終了後のスマートフォンのバッテリー残量がかなり厳しい状況になることが大きな問題でした。

ゴルフGPSにはスマートフォンが必要です

ヴィヴォアクティブのゴルフGPS機能の使い方ですがランニングアプリと同様にデータ管理等は全てスマートフォンとの同期によって行われます。まずスマートフォン側のアプリ、モバイルコネクトの左上部にあるメニュー選択を引っ張り出します。

その項目の中にある「ゴルフコースをダウンロード」でプレイ予定のコースをあらかじめスマートフォンにダウンロードしておく必要があります。

このダウンロードする際に注意する点がいくつかあります。まず位置情報で最寄のゴルフコースが表示されるため遠方のゴルフコースの場合、ダウンロードリストに表示されません。なので検索する必要があるのですがゴルフ場・ゴルフコースの表記がスマートフォン上では日本語・カタカナ表記ですが基本的にはアルファベット表記なので日本語でのゴルフコース名の検索ができない点です。
※基本的にダウンロード自体は当日ゴルフ場でも可能ですのであくまでも事前ダウンロードする場合です。

そしてゴルフコースによってティーグラウンドが2箇所ある場合は(右・左)というように別々のコースとして表示されるのでいまいち解り難いです。通常、ラウンド予約時にティーグラウンドの位置まで確認しないと思うのでこの選択肢がある場合は当日、ゴルフ場に着いてからの方が無難ですね。

スマートフォンにゴルフコースをダウンロード後、ゴルフ開始となるわけですがヴィヴォアクティブの右側面のアクションボタンを押しゴルフを選択、ほどなくGPS補足が始まります。スマートフォンにダウンロードしたゴルフコース一覧が表示されるのでプレイするコースを選択、あとはスタートするだけです。

スタート後はヴィヴォアクティブの画面右下のタッチパネルボタンを押しスコアカードの記録を開始という項目でスコアカードも記録することができます。(これ結構便利です)また右側の物理アクションボタンをプレー中に押すことで打点から打点の距離計測を行うことができます。僕の場合、稀にティーショットでナイスショットが出た場合に自己満足の為に距離計測して楽しんでます。

プレー中表示される距離表示は残り距離、ドッグレッグまでの距離、レイアップ距離等々、基本的な距離表示のみでハザード等の情報やピン位置の確認等には対応してません。あくまでコース脇にあるヤード表示杭の補助的な数字になります。(さすがにゴルフ専用のGPSの精度とはいきません)

プレー終了後は画面右下のタッチパネルボタンからラウンド終了をタッチでスコアを記録し全て終了となります。もちろんランニングデータ同様、スマートフォンとの同期でモバイルコネクト経由でデータ保管・管理することができます。

どんなゴルファーにお薦めなのか?

まさしく僕のようなスコア100を切ることを目標にしているようなエンジョイゴルファー向けのスマートウォッチです。キャディさんの付かないセルフプレイ時に数本のクラブを片手に縦横無尽に走る私にとってずっと手元で距離が確認できる安心感は本当に頼りになります。そしてゴルフ以外にランニングや自転車(ロードバイク)を趣味にしている方には間違いなくお薦めの1本になります。

悪いところは?

さてここまで良いところばかりを書いてきたがヴィヴォアクティブにも不便なところがあります。それはタッチパネルなので天気が悪い時や気温が低い時に長袖やレインウェアを着た時の袖が触れることで誤作動を起こすという点です。ゴルフをプレーしている最中はわりと気にしながら見ているので大きな問題ではないかもしれないのですがスコアを入力している場合など不意な誤作動でラウンドが終了していたり、もしくは全く作動しなくなり再起動をかける必要がある場合も稀にあります。なるべく長袖の袖の外になるよう手首に着けますがレインウェアなんかは袖が長いものが多いので特に雨の時には注意が必要です。

GPSの精度やタッチパネルの誤作動がある以上はシビアなプレースタイルの方にはお薦めできない時計となりますが、僕のようなエンジョイゴルファーであれば本当に便利なアイテムです。何よりも厚みがどのスマートウォッチやゴルフ用GPSウォッチよりも薄いこととバッテリーの持ち具合からいけば本当に良い買い物だと思えるアイテムだと思います。

 

SNSでもご購読できます。