アイコス ネタを書かなくなった訳

アイコスの過熱ブレードが折れた!という記事(わりとこのブログの中では人気記事らしい)を書いてからアイコスに関する記事を書かなくなった。実は交換のアイコスが届いてしばらくして禁煙を始めちゃったのです。数年前に一度だけ病気を理由に1年半禁煙してた時があるのですが、見事に喫煙者に戻った経緯があるので禁煙ということ自体、自分の中では他人事のようなことに思えてました。それが急に思い立ったように禁煙を始めた理由が不思議なもので喫煙器具のアイコスがきっかけとなったのです。

前にも書きましたがアイコスが素晴らしいのは煙を出さないのにほぼ完璧に喫煙感を味わえるところだと思います。そして煙が出ない喫煙器具は喫煙者に何をもたらすか?それは嫌煙習慣を植え付けてくれます。煙が出ない煙草を吸い続けることで普通の煙草の煙に圧力を感じます。まあ喫煙者が言えることではありませんが他人の煙が不快に思うようになります。こうなるとアイコスから普通の煙草に戻ることが実は困難になってきます。限られた空間の中でのモクモクな中に身を置くことに苦痛を感じ始めます。

となるとあとはニコチン中毒からの解放で禁煙となる訳ですが、これが結構やっかいなもので中毒というやつは、脳に根深く居座るもので体は無意識にニコチンを欲します。で、私の場合、日常で喫煙するタイミングが運転中もしくは呑みに出た時だけという限られたタイミングでの喫煙習慣だったので、そこだけニコチンレスの電子煙草で代用できればニコチンから解放されるのではという思いで液体リキッドタイプの電子煙草に換えてみました。もちろんニコチンレスなので脳の欲求を満たすことはできませんが口から煙を吹き出す動作を行うことでなんとなく脳を騙せる感じを体感できます。

アイコスとは違いフレーバーが何十種類もあるので、お気に入りのフレーバー探しが意外と楽しめました。定番のメンソール系からフルーツフレーバー、コーラ等の炭酸飲料系フレーバー、あとはエナジードリンク系などなど多種にわたります。私は強力メンソール・ミント系を代用品として使い、約1カ月・・・ニコチンが体内から薄れたのか、この時点で禁煙生活の本格的なスタートになりました。ちょうどこれを書いている段階で禁煙半年となります。まだまだ夢で喫煙する夢をみたり、喫煙を描写したアニメを見ると喫煙欲求が沸き上がりますが今のところ抑えられている状態です。

ブログでも時々書いてますが3年目となる朝のジョギング、禁煙してからやはり距離もスピードも上がりました。もちろん喫煙しているから走れないわけではありませんが明らかに体の負担が軽くなったのを感じます。

禁煙て他人に言われるとなかなか実行できないもんです。言われるとイライラします。
でもどこかで止めたい気持ちがあるのなら、禁煙て自分主導で始めることが一番成功する鍵になるなと思いました。

ちなみにルパン三世を見ると無性に吸いたくなります。

 

スポンサーリンク