高岡おとぎの森公園にあるドラえもんの空き地

ご他聞にもれず、我が家も毎回、頭を悩ます事案。

休日に小学生以下(だいたい6歳以下)のこどもを連れて遊びに行く場所の選定に悩みます。お天気が良く暖かい時期であれば自然に恵まれた石川県なので山や海、川などの自然の中で遊ぶ選択肢が出てくるのですが冬に向かうこの時期、気温が低く屋外で長時間遊べない中での選択肢としては効率的に遊べる遊具が充実した公園が候補に挙がります。

石川県内であれば辰口丘陵公園や七塚公園、加賀市中央公園、木場潟公園などがメジャーなところでしょうか。ただ距離的に近いので半日遊べるかどうかと言えば寒空の下では少々厳しいかもしれません。親としては移動時間も含め半日ガッチリ飽きさせず時間を過ごせるスケジューリングが大事になってきます。そこで一度行ってみたいと思っていたお隣、富山県の公園、高岡おとぎの森公園に行ってみました。

小松市から高速道路を使い小矢部ジャンクションで能越自動車道に乗り換え、そこから高岡ICまで時間にし45分分程度でしょうか、高岡ICを降りればあとは真っ直ぐ距離にして5kmほど走ると公園の看板が見えてきます。駐車場は西側駐車場と東側駐車場の2つがあり、遊具で遊ぶ目的であれば西側駐車場がお薦めかと。

さてこの公園の魅力は広大な芝生広場、コンパクトにまとまった遊具(ここのローラー滑り台の滑りは最高です)そしてドラえもんの世界に出てくるあの空き地が再現されていることです。

あの空き地というのはジャイアンがリサイタル会場として使うあの空き地でありお立ち台として使われる土管も配置されているネタ的な写真を撮るには最適な場所です。ドラえもん、のび太、しずかちゃん、スネ夫、ジャイアン、ドラミちゃんと主要メンバーは揃っております。

短時間で効率的に遊べ、そして往復100分程度かかるので14時過ぎに石川県を出発、車の中でお菓子の時間を取り、公園で軽く1時間半ほど遊ぶと帰りの車ではぐっすりおやすみ。休日は何かと午前中、家のことをする事が多いので今回のようなスケジュールだと無理なく休日を充実させることができるのを感じました。

ドラえもんデーになった休日はそのまま、ドラえもんをキャラ起用しているあのファミレスが晩御飯候補になる可能性が高くなるのは否めませんのであしからず。

高岡おとぎの森公園
富山県高岡市佐野1342

スポンサーリンク