北陸新幹線開業から5カ月

北陸新幹線の開業から約5カ月が経ちました。
石川県民の皆さんはもう乗車されたでしょうか?SNS等を見ていると結構、利用されているようですが…
私も1度だけ長野県に行く際に利用しました。
小松駅からの乗り継ぎを含めても2時間30分での長野市に行けるのは感動ものです。
これまでは北陸自動車道~上信越道で約4時間の運転でしたので
それを考えると長野県が本当に身近になりました。

さて本題です。あれほど開業当初に大騒ぎしていた当地、金沢は現在、どうなっているのでしょうか。
えっと、今もなお多くの観光客の方々が訪れてくれています。
本当にありがたいことです。
兼六園、21世紀美術館、東山茶屋街、近江町市場、名だたる観光地は連日賑わいをみせています。
ホテルなどの宿泊関係も週末は相変わらず部屋不足と価格が高騰している状態です。
ただ… そろそろ”差”が見え始めてきたのも事実です。
繁盛店とそうでないお店、人気商品とそうでない商品
特に駅周辺あたりがザワザワしているようです。

このあたりの話題はまた別の機会に書きたいと思うのですが、北陸新幹線がメディアを席巻していた
あの時から5カ月、来年には函館新幹線の開業が控えている中で、観光都市、金沢の次の一手を打つ
タイミングが重要な時期なのかもです。
この秋、開催される金沢マラソン、私の友人知人も県外より多数エントリーしていると聞いてます。
ぜひぜひ無事、成功されることを願ってます。

スポンサーリンク