前十字靭帯断裂再建手術から3週間

左膝、前十字靭帯の再建手術から3週間が経ちました。
あっと言う間です(笑)
そして6月後半に断裂して2ヶ月が過ぎました。なんか夢中で生活していたので7月の思い出がありません。8月前半は入院なので結局、この夏の思い出はここ1週間程度が2019年の夏の思い出となりました。

一応、BBQも手持ち花火もできたので夏を味うことはできたと思います。打ち上げ花火は病室から見えました・・・

さて相変わらずリハビリに通う毎日です。
週2回ペースで病院に通いながら、あとは自宅でコツコツとリハビリ中です。まあ劇的に改善するわけでもなく、動かない膝を眺めては3ヶ月後、半年後の動きに夢をはせております。

手術後3週間目の状態

今のところ状態ですが屈伸角度が120度、伸身角度でほぼ0度、状態は悪くありませんが経過3週間なりの感じです。言葉に力強さがないのは「頑張ったよー!」てきな達成感が得ずらい時期だからです(笑)落ち込んでるわけではないのであしからず。

そうそう僕も手術前に色々調べた時に術後の膝の曲がり具合についての色々な投稿を見かけ膝の屈伸角度を目標の達成度合いとされていることを知りましたが、その時にはそれがなんなのかあまりイメージできませんでした。

簡単に言えば手術後、膝が曲がらなくなります。
その曲がらなくなった膝を曲がるようにしながら脚全体の筋力を戻していくのがリハビリの目的なのですが、その際に毎回、曲がり具合を測定してくれます。

最大の曲がり具合が星座した時だと思って下さい。踵がお尻に付くまで膝を曲げた状態が約155度だそうです。

手術後、120度~130度まで曲げることができるようになるとスポーツジムなどにあるエアロバイク、いわゆる自転車漕ぎができるようになるそうです。3週間経過した僕は今、この120度~あたりを頑張っている感じになります。

日常生活でもリハビリでもジワジワとした動きしかできないのでエアロバイクのような有酸素運動ができるようになるとだいぶストレス発散になるだろうと期待しております。

手術後3週間目の感想

まだ膝の腫れも完全にひかず日によっては膝への負荷が大きい時(歩数が多い時)には腫れがひどくなる状態ですので回復している実感は少ないものの感覚としては膝の側面に力が入るような感覚も少し感じられるようになっているのできっとこれが回復している感じだろうと信じるしかないです(笑)

自分では無理して歩いているつもりではなくてもスマホのgoogle fitが「普段よりも運動量が多いです」の通知や放置していたポケモンGOの卵が孵化しましたのお知らせがあることを思えば知らず知らずのうちに歩いてる時もあるようです。

9月から近所にある24時間営業のスポーツジムに入会してみようと思います。怪我前まで早朝ジョギングしていた時間をジム活動にしてみます。とりあえず上半身だけのトレーニングになりそうですが新しい生活リズムが始まりそうなので少しワクワクしてます。そんな感じで今週も頑張ります。

スポンサーリンク