TaoTronics( タオトロニクス ) Bluetoothワイヤレスイヤホンをスポーツジムで使った結果

最近はで、すっかり前十字靭帯断裂からのリハビリ日記的な当ブログですが今回はちょっと違う話題で書こうと思いますが結果リハビリからの派生記事になるかもしれないという可能性も含めつつ書き始めてます。

スポーツジム用のワイヤレスイヤホン探し

手術から2週間の退院後に入会した24時間営業のスポーツジムで使いたくて探していたワイヤレスイヤホン、最初はアマゾンプライムデー狙いでボーズ社製のBose SoundSportを検討していました。

で、いざ購入を考えた時に今回、探しているワイヤレスイヤホンはあくまでもスポーツジムで使う目的だけでの購入ということ、それから、すでにテクニカ社製のオーバーイヤーのヘッドフォンを普段の仕事中などで使っているので新たに購入してもジム以外では使わないということを考えると2万円以上のボーズのワイヤレスイヤホンがもったいない気がしてきてしまい購入をためらっているうちにプライムデーが終わってしまいました。

タオトロニクスというワイヤレスイヤホン

さて貧乏性の性格のせいで買い逃してしまったワイヤレスイヤホン、散々、ワイヤレスイヤホンをウェブ上で閲覧していたのが駄々洩れなくらい私のSNS上(facebook/Instagram)に表示され続けるワイヤレスイヤホンの広告の中でなんだか気になる広告が目にとまりました。

イヤホンの形状は、まさにリンゴマーク社製のあれです。色は黒なので別物なのは間違いありません。メーカー名は “Taotronics” もちろん聞いたこもないメーカーです。普段は知らないメーカーの製品には全く興味を持たないのですが、このタオトロニクスの広告では販売ではなくモニターを募集していました。

ええ前述で書いてますが今回はスポーツジムだけで使うためのワイヤレスイヤホン、無料で使えるならば、それにこしたことはないということで衝動を抑えられず無防備にもモニターに応募してしまいました。

応募から2週間程度が過ぎた頃、私のPCにモニター合否のメールが届き残念ながら今回はモニターには落選したとのことでした。で、そこに書かれていたのが購入サポートクーポンの記載です。

まあ私もネットで販売する端くれですので、この手のプロモーションは最初からモニター当選ではなく、このクーポン配布目的ということも重々承知しています。

承知していながらも、そのクーポンを利用すると2000円台で購入できるという誘惑に負けとうとう念願のワイヤレスイヤホンを購入したのでした。当初検討していたボーズ社製のワイヤレスイヤホンが実売27000円前後を考えると10分の1のお値段のイヤホンにランディングしたことになります。

低価格なワイヤレスイヤホンがどれほどの実力なのか当たりなのかハズレなのかあとは実物が届くのを待つだけでした。そして注文の翌日・・・

ワイヤレスイヤホン到着

来ました!来ました!
手の平にちょうど乗るようなサイズの箱、大変失礼な話ですが安価なイヤホンなので期待していなかったのですが実に質感の良いパッケージでした。外装の白い箱には薄っすらとイヤホンデザイン、そして引き出した箱は鮮烈なオレンジがなんかほんとセンス感じます。パッケージだけで値段に対しての期待値を遥かに超えていきました(笑)

さて内容物を見ていきましょう。

中身は上記のような感じです。
左上の楕円形のものがワイヤレスイヤホンが収納された充電器兼ケースになります。あとはUSBケーブルと多言語(英語、オランダ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、日本語)で書かれた説明書とブランドリーフレットが同梱されていました。

付属の充電用のUSBの端子は今どきなType-Cではなくmicro USBのタイプなので旧型のスマートフォンやアマゾンのFireタブレットなんかと共有できると思います。

この繭型のケースの側面にmicro USBポートと電源管理のインジゲーターが付いてます。このケース自体を充電しそこにイヤホンを収納することでイヤホン自体が充電される形式です。

ケースを開くとこんな感じです。
見たまま、右に収納されているものは右耳用、左に収納されているのは左耳用です。説明書にはこのケースから取り出すことで自動的にイヤホンの電源がONになり、さらに勝手にBluetoothの接続が行われるとありました。

初めての左右独立型、イヤホンタイプのワイヤレスイヤホンを耳に装着するのですが、まあ実にぎこちない感じ、たどたどしい感じで装着完了。イヤホンから「コネクティッド」の音声が聞こえてきたことから自動的にスマートフォンと接続されたようです。

スマートフォンの中に保存してある音楽を再生したりアマゾンミュージックを再生してみたり、無事耳元から音楽が流れてきました。

音質について

さて気になる音質ですが、個人的には十分です。
今どきのワイヤレスイヤホンはノイズキャンセリング機能を重視している部分がありますが、そこに関して言えば普通に外部からの音は聞こえてきます(笑)

ただスポーツジム内では基本的にはアマゾンミュージックのプレイリストを再生しているのですが低音も高音も十分過ぎるくらいクリアな音質だと思います。正直、昔からイヤホンで音楽を聴く時に完全に外部の音が遮断されることに不安を持つ私としては、このくらい外部の音が聞こえる方が安心してトレーニングに集中できるようです。

装着感ですが耳の穴が小さめの私ですがデフォルトのイヤーラバーでちょうど良い感じです。イメージではこの独立したイヤホンて耳から簡単に落ちるんじゃないかと思っていましたが、エアロバイク、ランニングマシーン、ウェイトトレーニングいずれにおいても耳から落ちることなく快適に使えています。

イヤホン操作は左右のイヤホンの側面をタッチする形で音楽再生・停止、音量の調節、スマホの着信への応答ができます。タッチ式の操作は誤操作しやすいから物理ボタンの方が良いという意見もネット上では見られましたが、正直そこまでイヤホンで操作することがないのでタッチ式で十分のような気がします。

スポーツジムで使ってみた結論

スポーツジムでほぼ毎日使うようになり1ヶ月
もう手放せないというのが結論です。スポーツジムの中では常に流行というのがあるみたいで今は、ワイヤレスイヤホンを使いながらトレーニングするのが流行ってるっぽいです(笑)まあ私の通う時間帯が早朝なので自分との戦いを好まれる方々が多いからそう見えるのかもしれませんが。

使う目的にもよりますがスポーツジムで使うイヤホンは5000円以内のもので十分過ぎるという結論です。これが屋外のランニングの場合は装着感なんかが選択肢にはなってくるでしょうが、ジム内だけであれば今回、購入したタオトロニクスのワイヤレスイヤホンは良い買い物だったと思います。

余談ですがポケモンGOをする時に、このワイヤレスイヤホンを使うとポケモンの世界に没入できます(笑)ドラゴンクエストウォークも同じようです。スマホゲームは車が走っていないところでやりましょう。

スポンサーリンク