前十字靭帯再建手術から6ヶ月

何か世間がザワついて落ち着かない2月です。
気が付けば断裂した左膝前十字靭帯再建手術から半年が経ちました。このところ自分でも回復具合を実感できるようになったので近況報告です。

術後半年 膝の具合

ここに来て膝の回復を実感してます。まず可動域に関しては屈伸運動、正座もほぼ問題なくできるようになりました。また嫌な感じの痛みがあったのも、よほど寒い日でなければ感じなくなってきました。それに合わせるように脛部分に感じていたボヤンとした感じもなくなってきました。

そんな感じで膝の調子が良くなることでトレーニングの負荷も強めにかけれるようになり相乗効果で膝周りの筋力がアップ、年始に計測した左右の脚の筋力差がわりと無くなってきました。ちなみにその時の計測では手術した左脚が40歳代の筋力、健康な方の右脚が20歳代の筋力と、おおよそ20歳の年の差がありましたが今は、ほぼ左右均等な筋力になっている気がします。

最近、特に重点的に行っているトレーニングが片脚でのレッグプレスです。膝裏から腿裏にかけての筋肉を意識し30kg~40kgでの20回×2セット、じっくり負荷をかけるようにしてます。このトレーニングを始めて約1ヶ月、左膝周りの筋肉の調子がよくランニング時、軽いジャンプ運動時にあったフラつきがなくなりました。

フラつきがなくなったおかげでランニングの際、5kmを超えたあたり感じていた足首や脛の疲労感が大きく緩和されました。7kmくらいまでの距離であれば怪我前のペースでの走れるまで回復したと思います。

左膝のフラつきがなくなり安定したことで起伏や路面状況の変化、アップダウンのある市街地のランニングコースもわりと安心して走れるようになったのが嬉しい限りです。ジム内のランニングマシーンで走るのも、そろそろ飽きてきていたところですから(笑)

例年に比べ暖かい冬なので2月でも早朝ランニングできます。冬特有の凛とした空気感の中を走るのは気持ち良いものです。

春に向け膝に疲労が溜まらないように徐々に距離を伸ばしながら体作りをしていきたいと思います。今後は筋力アップと体重管理、柔軟性のアップで怪我前以上のスペックを目指すのが当分の目標です。

合わせてボルダリングも復帰したいので多少の高さからでも落下できるように膝周りの筋力の強化は必須だと思ってます。まだ新しい課題を攻略する際には怖さが先に来るんですよねー。まあ怖いと思っている間は再断裂しないと思いますが(笑)

ということで術後半年で、ほぼ怪我前の状態に戻りました!というお話でした。

スポンサーリンク